コーチングスキルを効果的に身につける方法とは LCAコーチングの資格取得

新しいスキルや知識を学んだり、すでに知っている分野についても研究したりすることはとても素晴らしくワクワクする事です。

しかし、スキルや知識を得るだけでは、十分に理解してさらに行動に移すことまで発展させる人はかなり少ないと言えます。

スキルや知識はインプットしたら、アウトプットをする。

この繰り返しが確実なスキルと知識の定着方法として優れた方法です。

他の人の話を聞いたり、自分のケースを話したりして「コミュニケーション」を交わしながら学ぶ方法を「モミュニカティブ・アプローチ」と言います。

コーチングスキルは座学だけでなく、このコミュニカティブ・アプローチで身につけていく方法が、最も効果的だと言われています。

コーチングスキルを効果的に学びそしてスキルを上げていく為には4つのポイントが考えられます。

 

1.資格取得を目指す

当協会でのコーチング資格は実践的なため、すぐにコーチングを行うことが可能です。

また資格取得は、コーチングスキル、実績、経験を証明するものです。

当協会のコーチング講座は体系的に学ぶことができ、内容の中に「目標達成法」もありますので、叶えたい目標や夢の実現も同時に行えます。

 

2.体系的に継続的に学ぶ

成果につながる正しいコーチングスキルを身につける為には、理論を元に、体系的に継続的に学ぶことが大事です。

当ホームページのトップ画面に、「無料で学べるLINE@&メルマガ講座」を用意しております。

この無料講座を登録していれば、継続的に学ぶことができます。

 

3.コーチングを実践する

頭で理解しただけでは、なかなか身につくものではありません。実際に周囲の人に実践して、トライ&エラーを繰り返すことが大事です。

これも「無料で学べるLINE@&メルマガ講座」で忘れないように定期的にアドバイスを行います。

 

4.コーチングを受ける

コーチング文化が進んでいる、欧米諸国ではコーチは複数のコーチをつけています。

日本においても優秀な人ほどコーチを複数つけています。

コーチという呼び名ではなくても成功している人は「コンサルタント」「カウンセラー」「先生」「メンター」という方々をつけています。

なので、優秀なリーダーや成功者と言われる人たちは皆「コーチ」をつけているとも言えます。

コーチをつけることで常に目標に向けて客観的な視点で考える時間を取ることができます。

 

当協会でもコーチングを受けることができます。対面のコーチングとWEBとメールシステムを使ったコーチングもあります。